根っからゲーマーのゲーム部屋

ゲームに関する雑学や考察、実際のプレイに役立つ情報やちょっとしたプレイ動画などを発信するブログです

ドラクエ10 どれが強い?ベルトの選び方~呪文編~

最近、APEXとポケモンに対するやる気が高すぎて他のゲームに全く手が伸びてません。かろうじてドラクエは毎日インできてますが、やる時間は明らかに前より減りました。

本格的にゲームの時間が足りなくなってきました。根っからゲーマーのジンです。

寝る時間が少なくても大丈夫な体になりたい…w

 

自分語りはここら辺で終わりにして、本題に入っていきます。

 

今回はドラクエ10におけるベルトの選び方について、です。

 

よくありませんか?どのベルトが一番ダメージ上がるのか悩むこと。

 

単体ならともかく、魔力が高いけど属性が低いもの、魔力は低いけど属性が高いもの、両方とも真ん中くらいのもの、と色々あるともうややこしいですよね。

 

ご存じの通り、呪文は魔力が高ければ高いほど威力が上がりますし、属性アップはその属性のみですが、大幅に威力が上がります。

 

ですがこの威力を決める計算式、魔力が1上がれば威力も1上がる、といった単純なものではありません。それを詳しく知っている方は結構少ないと思います。

 

なので今回は実際の例を参考にしながら、それをできるだけ分かりやすく解説していきます。

 

 

 

今回はメラゾーマを基に解説します。呪文ごとにダメージ計算の式が違うので、呪文は先に固定しておきます。

 

ですがメラゾーマの次によく使われる呪文、ドルモーアも魔力に依存している部分は、魔力:威力の比率が同じですので、特に問題はありません。

 

 

まず呪文のダメージ計算の基礎として、魔力が999以下と1000以上の場合で、計算式が若干変わります。

 

メラゾーマの場合だと999以下の場合

 

(魔力-280)*0.453+158

 

という式になり、最大で483となります。ただしこれは平均で、乱数により10前後上下します。

 

この計算式を基に考えると、魔力が999以下の場合魔力が3上がるごとにダメージが1上がる、という事になります。

これが魔力1000を超えた場合

 

(魔力-1000)*0.25+480

 

というような計算となり、魔力が4上がるとダメージが1上がるようになります。1000を超えた場合、魔力アップによるダメージ上昇が小さくなります。

 

ちなみにこれは1499までが上限で、1500以上は魔力が上がっても威力は変わりません。

 

 

 

では本題。ベルトは何が良いのかを考えていきましょう。

 

実際に計算しながら考えていきます。

 

まず、魔法使いの魔力を1180とします。この場合のメラゾーマの威力は525です。

 

これに魔力20のベルトと属性アップ10%のベルトがあったとします。両方ともに、それぞれの効果の真ん中辺りの数値です。

 

前者ベルトの場合は530となります。魔力4に対して威力1なので、20で5アップ。そんなに変わりませんね。

 

後者ベルトの場合、属性アップは基礎ダメージ(今回だと525の部分)に%を乗算するので、525*110%、という式で577となり、前者と43の差がでます。多少ズレはありますが、魔力が1000以上の場合は大体43前後の差ができます。

 

つまり、魔力1000以上であれば魔力アップベルトよりも属性アップのベルトの方が優秀という事です。

ただし、これは単体で考えた時の話です。

 

今は杖にセット効果に智謀の首飾りに宝珠にと、属性倍率を上げる手段は様々あります。

 

装備や宝珠を諸々装備し最大までした場合、ベルト抜きでも23%となります。この状態で先ほどの魔力とベルトで比較した場合、前者651、後者698となり、少しですがまたさらに差が開きます。

 

ちなみに属性アップはそれぞれ単独ではなく、まとめてから乗算します。

なので、33%としてまとめてから計算します。

 

その上、魔力覚醒や暴走も考慮すれば差はさらに広がり、最大で大体140ほど開きます。一発の威力の差が140は大きいですね。

 

 

種族特攻の方も比較してみます。条件は上と同じく魔力1180で他の装備と宝珠、スキルも考慮に入れます。

 

その場合、種族特攻なし属性10ベルトは上と同じく698。

 

種族特攻8%属性なしベルトは、属性23%を計算した645に、更に8%を計算するので697、と少しだけ差ができます。

 

種族特攻は属性アップとはまた別口で計算されるんですね。

なので、同じ値の%の場合は若干ですが、種族特攻ベルトの方がダメージ上です。

 

理屈としては、100に20%を一回乗算した場合と10%を二回乗算した場合だと、数値の合計は両方20%だけど後者の方が若干大きくなるから、という事ですね。

数学の勉強かな?

 

 

ただし、種族特攻と属性アップではベルト数値の最大が違います。

そのため、最大数値での比較は属性アップに軍配が上がります。

 

 

まとめると、魔力アップが最も低く、種族特攻と属性特攻は殆ど差はなく、同じ数値なら種族特攻、最大値なら属性の方が上になる、という事になります。

 

そして組み合わせ比較の場合、魔力はそのまま、種族特攻と属性アップは1%を魔力14、として比較すると簡単にできると思います。

 

以上で呪文の解説を終わりますが、もしかしたら自分の認識している計算式や計算方法が間違っている可能性もあります。

 

その点はご了承ください。